医療法人社団絹和会 睡眠総合ケアクリニック代々木

睡眠時無呼吸症をはじめとする、あらゆる睡眠障害に対し、呼吸器内科、耳鼻咽喉科、循環器内科、神経内科、精神科、歯科や臨床心理士などが適切な検査・診断・治療を行う総合診療施設です。
あなたの症状は?

  • 下記にあてはまる項目はありますか?

1. なんとなく眠れない。

◎ 不眠症が考えられます

睡眠障害の代表といえる症状で、夜の寝付きが悪く、眠ろうとするとかえって目が冴える上に、途中で目が覚めてしまう、朝早く目覚めるなどの症状が続きます。

● 睡眠日誌で生活リズムをチェックします。 日誌のダウンロード

・睡眠パターンを確認します。

・眠れない原因がありますか?

●終夜睡眠ポリグラフィ検査(PSG)で睡眠の質を評価します。
●うつ病の可能性はどうでしょうか?
・質問紙による検討も行っています。

眠れないからと言って、アルコールを飲むのは逆効果です。寝付きはよくなっても睡眠の質が悪くなります。
時には睡眠薬も必要です。当クリニックでは、適切な用量での睡眠薬治療を行います。
当クリニックでは不眠症に対して カウンセリング(認知行動療法)を行っています。


2. 夜になると脚がむずむずして眠れない。

◎ むずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群)が考えられます。

眠ろうとベッドで横になってじっといると、耐えられないほどの不快感(むずむず、熱感、かゆみなど)が生じて、なかなか眠れなくなります。

● 採血により鉄分が足りているか、チェックします。
● 終夜睡眠ポリグラフィ検査(PSG)で脚の運動の回数と睡眠の質を評価します。
● SIT検査にて脚の不快感の程度を調べます。

むずむず脚症候群と周期性四肢運動は、薬物治療で症状が著しく改善されることがわかっており、その治療手順が確立されています。
是非当クリニックにご相談下さい。