医療法人社団絹和会 睡眠総合ケアクリニック代々木

睡眠時無呼吸症をはじめとする、あらゆる睡眠障害に対し、呼吸器内科、耳鼻咽喉科、循環器内科、神経内科、精神科、歯科や臨床心理士などが適切な検査・診断・治療を行う総合診療施設です。
  • 病名
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 過眠症
  • ナルコレプシー
  • 不眠症
  • レストレッグス症候群
  • 睡眠時関連行動異常
  • 概日リズム睡眠障害
  • 睡眠中の以上行動・REM睡眠行動障害
  • 小児睡眠障害
  • その他の睡眠障害
  • 検査のご紹介
  • カウンセリング
  • 不眠症に対して
  • 概日リズム睡眠障害に対して

むずむず脚症候群

むずむず脚(レストレスレッグス)症候群とは

むずむず脚(レストレスレッグス)症候群は、主に夕方から夜間に脚がじっとしていられなくなり、虫が這うような、むずむずするような、漠然とした不快感が起こるのが特徴です。
男性より女性の方が若干多く、鉄分欠乏性の方、腎機能の悪い方、妊婦の方、関節リウマチを患っている方、パーキンソン病の方などに多くみられます。

また、高頻度に周期性四肢運動(寝ているとき足がぴくんぴくんと蹴る様な動きをする)を合併します。
むずむず脚症候群と周期性四肢運動は、薬物治療で症状が改善されることがわかっており、すでにその治療手順が確立されています。

新たな治療薬の開発も進んでおり、当クリニックは新規治療の開発にも積極的に取り組んでいます。